MENU

幼児でもアスミールは飲むことができるのか?

子供の成長をサポートする飲料として、アスミールがインターネットを中心に高い人気があります。「子供の背が急激に伸びた」とか「子供が丈夫になって風邪をあまり引かなくなった」といった口コミも実際に投稿されています。親御さんの中には子供にアスミールを飲ませてみたいと思っている人もいるでしょう。しかし親御さんの間でけっこう疑問点として言われているのが、「子供にアスミールを飲ませるのは何歳くらいまでなの?」というものがあります。

 

皆さんもご存知のように、子どもたちは思春期と呼ばれる期間があります。思春期の時に男の子は男性らしく・女の子は女性らしい体に変化します。また急激に身長が伸び、大きくなる時代でもあります。この思春期の時にアスミールを飲ませると、より高い身長の伸びる効果が期待できます。一般的に男の子は12〜14歳・女の子は10〜12歳が思春期といわれています。この時期にアスミールを飲ませると、より高い効果が期待できるでしょう。ちなみに背の伸びるスピードですが、一定の年齢を過ぎると急速に弱まる傾向が見られます。

 

この身長の伸びの止まる年齢ですが、男の子16歳ごろ・女の子15歳ごろといわれています。ですから15〜16歳の中学生卒業して高校入学するころまで、アスミールを飲ませてみると良いでしょう。しかしこれはあくまでも一般的な話です。いつ思春期が来るのか、身長の伸びが止まるのかは個人差があります。中には思春期がかなり遅くなってからやってくるケースも稀ではありますが見られます。中には20歳前後になってからも身長が伸びたという話もありますので、子供の成長の度合いをチェックしながらアスミールを飲ませてみると良いでしょう。

 

アスミールは何歳から飲むのが良いの?

アスミールは中学から高校くらいまで飲むのがおすすめと紹介しました。では逆に何歳から飲ませるのがおすすめかと疑問に感じると良いのかという疑問を抱く人もいるでしょう。まだ小さな幼児に飲ませても問題ないのか、このような不安を抱く親御さんもいるでしょう。

 

実際にこのような疑問をアスミールのメーカーに直接ぶつけてみた親御さんもいて、その模様がインターネットで紹介されていました。この質問に対するアスミールのメーカーの返答ですが、「年齢制限は特にございませんが幼児以上のお子様におすすめ」ということでした。このメーカーからの返答を見ると、小さな子供でも問題なくアスミールは飲ませることができます。目安としては、離乳が終わった1歳以上の子どもであれば問題なく飲めるでしょう。

 

幼児でも安心して飲める安全性を追求した飲料

小さな子供に飲ませても本当に問題がないのか、それでも気になる親御さんも多いでしょう。アスミールは子供が飲んでも問題ないように、安全性には徹底的にこだわっています。まずアスミールには、合成保存料や合成着色料、合成甘味料の人工的な成分は一切配合されていません。合成甘味料は視力が落ちるとか記憶力の悪化、うつ病にかかるリスクが高まるといった研究データも出ています。そのようなリスクを回避しているので、子供でも安心して飲ませることができます。

 

合成甘味料などが一切含まれていないので、アスミールは甘さ控えめに作られています。子供に小さい頃から甘いものを与えすぎてしまうと、虫歯や太りやすくなるといったデメリットがあります。また感情のコントロールが難しくなるといった問題点が起こる恐れも高まります。アスミールはあまり甘くないので、このような虫歯などのリスクを心配する必要はないです。

 

アスミールは国内製の原料を使って、国内の工場で製造しています。日本は食の安全に関する基準が世界的に見ても厳しいと言われています。この基準をクリアしている状況でアスミールは作られています。ですから小さな子供でも安心して飲ませることができるわけです。