MENU

アスミールを飲むだけではだめ!子供の身長を伸ばすために注意したい2つのこと

子供の背が伸びないので子供本人だけでなく、親御さんも気にしていることもあるでしょう。そのような親御さんの間で人気なのが、アスミールという飲料です。アスミールには、背を伸ばす効果の期待できる3つの主成分が配合されています。子供の背を伸ばすためには成長ホルモンを活発に分泌させる必要があるのですが、アスミールにはこの成長ホルモンの分泌を強力にサポートしてくれます。

 

まずアルギニンには、成長ホルモンの分泌量を増やす効果があるといわれています。また亜鉛には成長ホルモンのもとになるたんぱく質の合成を促す効果があります。さらに成長ホルモンを生成や分泌するときに酵素が必要なのですが、この酵素の働きを活発にする効果も期待されています。最後にプラセンタですが、植物性のものを使っていて、アミノ酸やビタミン、ミネラルが豊富に含まれ、アミノ酸は体を作る原料になるものなので子供の成長にかかせません。

 

この他にもカルシウムは背を伸ばすために欠かせない栄養素であることは、広く一般にも知られているでしょう。アスミールには3種類の異なるカルシウムと2種類のカルシウムの吸収を助ける成分が配合されています。このため、より効率的に体内にカルシウムを摂取させ、背を伸ばす効果が期待できます。このようなこともあって、アスミールを子供の背を伸ばすために購入している親御さんもかなり多いです。

 

生活の質を上げることでアスミールの背を伸ばす効果を助ける

アスミールを飲むことで背を伸ばす効果は十分期待できます。実際口コミサイトを見ても、半年くらいで10cm以上身長が伸びたという意見もしばしば見られます。

 

しかしアスミールを飲んでいるだけで身長が伸びるわけではないというのも、また事実です。アスミールの身長を伸ばす効果を高めるためには、日常の生活習慣が重要です。そのためには質の良い睡眠をとることと適度な運動をさせることがポイントです。

 

質の良い睡眠をとること

「寝る子は育つ」という言葉を聞いたことはないでしょうか?これは科学的にも証明されていることです。子供の身長を伸ばすためには、成長ホルモンを分泌させ、細胞の働きを活発にする必要があります。この成長ホルモンですが、1日の中でも分泌量は上下動します。一般的な傾向として、成長ホルモンは夜眠っているときにたくさん出る特徴があります。ですから夜更かしをしてしまうと、せっかく成長ホルモンがたくさん出るチャンスなのに、それをみすみす自分で逃してしまいます。

 

成長ホルモンですが、1日の中でも夜10時から深夜2時までが特に活発に分泌されるでしょう。ちなみに私たちは眠るときに深い眠りのノンレム睡眠と浅い眠りのレム睡眠を繰り返します。そして最も深い眠りに入る寝入りばなの最初の2時間に成長ホルモンが最も多くなるといわれています。ですからこの成長ホルモンの分泌されるピークを上で紹介した時間帯に合わせるようにすれば、身長がより伸びる効果が高く期待できるわけです。

 

適度な運動の習慣をつける

塾などの習い事とか、遊ぶのもネットなどのゲームが中心となっていることもあり、今の子どもたちはなかなか外に出て元気に動きまわすことが少なくなりました。しかし適度に運動する習慣を子どものうちにつけておくことは、身長を伸ばすのにも効果があります。

 

運動をすることで、骨に刺激を与えることになります。刺激を受けることで骨は成長しますので、結果的に身長を伸ばす効果につながっていきます。適度に体を動かすと、お腹がすいて食べ物をたくさん食べるでしょう。この時に栄養バランスのとれた食事を与えれば、さらに身長を伸ばす効果が期待できます。

 

また体を動かすことで疲れますので、早く眠たくなるでしょう。すると早めに床に就きますので、成長ホルモンをたくさん分泌しやすい環境を作ることも可能です。ただしアスリート並みに激しい運動をすることは、身長を伸ばすのにはかえって逆効果になってしまいます。身体が疲労困憊になってしまって、食欲すらわかない、骨の成長を抑制してしまうこともあり得ます。普段の遊びくらいの無理のない範囲で体を動かす習慣をつけるのがおすすめです。