MENU

背を伸ばすセノビック・総合的に成長に導くアスミール

子供の背を伸ばす健康飲料がいろいろなメーカーから販売されていますが、その中でも通販サイトを中心に人気になっているのがアスミールとセノビックです。子供の成長を願っている親御さんの中には、この2つの飲料のうちいずれかを子供に飲ませたい、でもどちらが良いのかわからないので困っているという人もいるでしょう。結論から言いますが、セノビックよりもアスミールの方がおすすめです。

 

セノビックは身長を伸ばすことに特化していますが、アスミールは総合的なバランス飲料で様々な栄養素が配合されています。ですから子供の全般的な成長を願っているのであれば、アスミールがおすすめです。セノビックはカルシウムとカルシウムを体内に効率良く吸収できる作用があるといわれる各種成分が配合されています。身長を伸ばすにあたって、カルシウムが必要というのは広く知られています。カルシウムは骨の材料になる栄養分で、カルシウムを多く摂取すれば、それだけ骨が伸び、背も伸びるというわけです。

 

一方アスミールを見てみると、プラセンタと亜鉛、アルギニンが主要成分として配合されています。これらの成分は、子供の体を成育するにあたって欠かせない成長ホルモンの分泌を盛んにする成分といわれています。その他にも各種ビタミン類や鉄分、セノビック同様カルシウムも含まれています。総合的に見て栄養バランスが整っているといえます。

 

効率的に栄養分を摂取できる

アスミールの飲み方ですが、1日当たり冷たい牛乳100mlに対して6gのアスミールをよく混ぜて飲む方式になります。この牛乳を1杯飲むだけで、1日必要な各種ビタミンやミネラルの摂取量の7割以上を取り込めます。ビタミンB6に至っては、1日の必要な摂取量の123%を摂取できるのです。

 

アスミールにはカルシウムでトマト14個分・ホウレンソウ12個分、鉄分がにんじん5個分の栄養分が含まれています。いかに多くの栄養分が含まれていて、効率よく子供に摂取させることができるかがお分かりでしょう。セノビックを見ても、各種ビタミンやミネラルの1日の必要な摂取量の7〜8割程度摂取できます。しかし1日に飲む量を見てみると、冷たい牛乳300mlに対して20gのセノビックを摂取しなければなりません。

 

つまりアスミールと比較して、1日3倍もの牛乳を飲ませる必要があります。もともと牛乳があまり得意ではない子供に飲ませるのは難しいでしょうし、牛乳をたくさん飲ませるとお腹が緩くなってしまう子供もいるでしょう。このような側面を見ても、セノビックよりもアスミールの方がおすすめといえます。

 

コスパに優れているアスミール

アスミールとセノビックを比較するにあたって、値段がどのくらいかも気になるところでしょう。一袋当たりの値段を比較してみると、セノビック1300円に対してアスミール4000円強となっています。こうしてみると、圧倒的にアスミールの方が割高という印象があるかもしれません。しかし両者は一袋に含まれている量が異なります。セノビックは一袋当たりに含まれているのは14日分なので、1か月あたり2袋を消費する計算になります。アスミールは1袋に1ヶ月分が含まれていますので、2600円と4000円ということになります。

 

これでもアスミールは高いような印象があるでしょうが、アスミールには定期コースが用意されています。アスミールの定期コースを利用すれば、初回2000円・2か月目以降も3600円程度になります。セノビックを注文した場合、送料として500円かかりますが、アスミールの定期コースは送料もかからないので両者を比較すれば3100円と3600円となって、あまり変わらなくなります。それでいて、上で紹介したようにアスミールにはいろいろな栄養分が配合されています。そう考えると、コスパはアスミールの方が有利ということになるでしょう。

 

セノビックとアスミールを一緒に飲むのはどう?

セノビックとアスミールを両方飲むとより大きな効果が期待できるのでしょうか?両者を一緒に飲むのはあまりお勧めできません。セノビックとアスミールを見てみると、例えばカルシウムの含有量は1日の目安となる摂取量は82%と86%含まれています。

 

もし両方摂取してしまうと、1日に必要なカルシウムの1.5倍以上を摂取することになります。ですから過剰摂取になってしまって、もしかすると尿管結石ができやすくなるなどのデメリットも生じえます。